青森県弘前市に住むよっさんが綴る雑記ブログ。自分へのメモ

よさブロ

サッカー 女子サッカー 少年サッカー

サッカーがうまい選手とは。少年少女サッカーでの自分の視点

投稿日:

みなさんはサッカーを見る上で何を見ていますか?

少年少女のサッカーを見る場面では、自分はボールを前に運ぶ能力を見ています。

サッカーはゴールを多く奪ったほうが勝つスポーツです。

攻撃はできるだけ相手ゴール近くまでボールを運びシュートを打つことが目的です。

 

なので、自分がうまいと思う選手というのは、ボールを前に前進させる力だと思っています。

それはドリブルでもあるし、パスでもある。

当然、ただ前に意図もなくボールを蹴るような選手は最悪です。

いわゆる「タダ蹴り」。

 

ドリブルはわかりやすいです。

才能がある選手は一人で何人も抜いてゴール前まで運べてしまう。

 

自分が最も見ている部分は、自分より前の優位な味方にパスを通せるかです。

ダイレクトで前を向ける味方に正確なパスを通すプレーなんかには唸ってしまいます。

パスっていうのは、1本で相手を置き去りにできます。ドリブルより効率が良い。

その相手を置き去りにできるパスを通せるかどうかです。

見ていれば前でいいポジションにいる選手にパス出せたのに、見えてなくてバックパス。苦し紛れのタダ蹴り。

上手い選手はパスで相手を置き去りにできます。

 

だいたいそういううまい選手というのはチームでは真ん中の後ろにいてゲームをコントロールする役割を担います。

なので、そういう選手はディフェンスや中盤の真ん中に使われます。

こからパスが通らない、ボールを奪われることが多いチームは、攻撃の回数が減ることになり守備の回数も増えることになります。試合ではほぼ負けます。

 

前を向ける味方を使える選手というのは、ドリブルでプレッシャーをかわしたり、抜くこともできます。

ボールコントロールもうまい。

また、使われる側としてほしいタイミングや良いポジションに動くことができます。

自分がパスを出したいタイミングやポジションをわかっているからでしょう。

つまり、これって周りというか遠くが見えていないとできないことですね。

周りを見るってとても大事。チームのトレーニングで「まずはボールコントロールだ!」といってボールを足の裏なんかでこねこねするのを長くやっているチームは要注意だと思っています。ボールコントロールは重要ですが、サッカーってボールをこねこねしたって、ボールも相手選手もそこから動きません。相手は何も怖くありません。こねこねして奪われてピンチなんてプレーが大嫌いです。

こねこねしたって得点のチャンスはできません。前にいる優位な仲間をみつけて、そこにパスを通せば得点のチャンスです。相手はそれが一番怖いのです。

こねこねの練習ばかりで、周りをみて味方を使った練習をあまりしないチームっていうのは、本当に子供がかわいそうに見えてきます。

結局うまい選手というのはどこのポジションをやらせてもうまい。味方を使う場面でも味方として使われる場面でも、ボールを前に前進させる力というのが大事だと思っていて、少年少女の試合ではそこを見ています。

よさ風呂記事下




よさ風呂記事下




-サッカー, 女子サッカー, 少年サッカー

Copyright© よさブロ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.