青森県弘前市に住むよっさんが綴る雑記ブログ。自分へのメモ

よさブロ

サッカー 女子サッカー 少年サッカー

サッカーはミスなしでできないスポーツなので、ミスに寛容であろう

投稿日:

サッカーの試合では必ずミスが出ます。

味方へのパスミス。

決定機でのシュートミス、ボールコントロールを失敗して奪われてピンチに。

などなど。

1対1で負けることもミスになるのかな?

とにかくサッカーの試合ではミスがあります。ミスばっかりです。

とくに子供の試合ではミスがたくさん起こります。

「何ミスをしてるんだよ」「下手くそ!」という暴言を吐く指導者。

当たり前の現象に対して、感想を述べているだけ。

まあ、がっかりするのは理解できます。

 

でも、子供のサッカーでしょ。

プロのサッカーじゃないんだから。

下手くそなのは指導者が普段のトレーニングでミスを少なくするトレーニングをしていない証拠です。

そして、ミスが発生した時への対応をしていない。

 

自分はミスは選手の責任ではないと思っています。子供の年代では。

ミスした子には「次ミスしないようにな」「早く判断しような」とかでいいし、

その他の子には「カバーするポジションにいなかったでしょ」とか、「カバーしてやろうな、それがチームだよ」とかね。

そんな感じでいいのではないでしょうか。

責めるならば、カバーできる選手の配置、ポジショニングを設計できていない指導者自身が責められるべきです。

自分たちのミスをカバーする、相手のミスを利用するのがサッカーだよ。

「次だ次」

相手のミスを使い、味方のミスを補うのがサッカー。

ミスを補い合いの戦いと言ってもいい。

もちろん、試合ではミスが少ない選手が目立つし、ミスをカバーできる選手もまた目立つ。

すべての子がプロを目指しているわけではない。

子どもの年代ではミスを恐れないチャレンジを促し、ミスへのすばやい対応を指導する。

 

ミスを責められて、子どもがサッカーを楽しめないのはかわいそう。

サッカーで起こるミスに寛容であるべきです。

よさ風呂記事下




よさ風呂記事下




-サッカー, 女子サッカー, 少年サッカー

Copyright© よさブロ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.